Posted in Run and tagged suunto, staff-review
suunto ambit 3 sports watch with heart rate monitor

2017年を間近に控え、新しいチャレンジの計画に余念のない Wiggle 社員ブロガー Tim。今回のブログでは、マルチスポーツで活躍する Suunto のデータトラッキングアイテムをご紹介します。HRM (心拍系計測計) 付き Ambit 3 Sport ウォッチは必要な数字情報をすべて提供してくれる優れものです!

すべての動作が物を言うから・・・

Suunto の辞書に (そして僕の辞書にも)、「意味のない動き」という言葉は存在しない。ランニングで踏む一歩にも、バイクのペダルの一回転にも、スイムの一度のキックにも、ウェイトトレーニングで一回おもりを挙げるのにも、すべての動作に意味がある。一つ一つの動作を積み重ねてこそ体力がつくし、スピードがつくし、経験値も上がるからだ。

そこで Suunto は、すべての動作を漏らさず計測する道具が必要だと考えた。しかも、その道具は正確じゃなくちゃいけない。その結果、一つのウォッチにたどり着いたわけだけど、今度はあらゆるスポーツで使用できる高い汎用性が欲しいと思った。そうして出来上がったのが、Ambit 3 Sport ウォッチなんだ。

Ambit 3 Sport はお手頃価格のマルチスポーツ対応アイテムで、普段から身に着けていたい優れものだ。このウォッチの売りは、ランニングやサイクリングだけでなく、スイミングやウォーキングなど、あらゆるスポーツの成果を正確に測定できることにある。運動後には、トレーニングで記録した値を分析することで、パフォーマンスの向上に一役買ってくれる。 先月このアイテムを試してみたんだけど、その素晴らしいデータ測定機能には驚かされた。

suunto ambit 3 sports watch

 

簡単なセットアップと使用方法

新しいスポーツ用ガジェットアイテムを入手したら、まず行うことと言えば、体型などの情報やスポーツの好みなど、個人情報の設定だろう。この作業はすごく面倒くさいことがある。でも、Suunto Ambit 3 に限っては、驚くほど簡単だった。

Ambit 3 には Bluetooth テクノロジーが採用されていて、スマートフォンにダウンロードした Movescount アプリと同期することができる。USB ケーブルを使用すれば、パソコンとも接続可能だ。ウォッチとアプリが同期すると、ほぼすべての画面配置や設定を、ウォッチ上でカスタマイズできる。バックライトの点灯するタイミングや GPS の正確性、スポーツごとのディスプレイの数、自身に有効な数字情報など、必要な情報をすべてワークアウトしながら取り出せる。

また、スマートフォンに送られる通知をウォッチ上で受け取ることも可能になる。電話がかかってきたり、メールを受け取ったりした際に、ウォッチが知らせてくれるんだ。 電話と時計の融合!なんて便利なんだろう!どれだけスポーツに打ち込んでいても、急なディナーの誘いも逃さなくてすむってもんだ!

もちろん、アプリは運動後の数値の分析にも役立ってくれる。小さな画面でなくて、大きなパソコン画面で値を確認できるんだから、ありがたいよね。それに加え、このアプリはエクササイズのデータを、Strava や TrainingPeaks に自動的にエクスポートすることもできるので、他のアスリートと自分の運動成果を手軽に比較できるのもうれしい。

セットアップだけでなく、使用方法もダウンロード方法も全部が簡単なアイテムだ。僕の Suunto Ambit 3 Sport お試し月間は上々の滑り出しとなった。

customised display on suunto ambit 3 sports watch

 

真のマルチスポーツ対応

Ambit 3 Sport のセールスポイントは、1つの計測機器であらゆるスポーツアクティビティに対応できる点だ。 その実力には恐れ入る。

Ambit 3 Sport を、真のマルチスポーツ対応アイテムと読んで間違いないだろう。10パターンの異なる設定が実現する。 インドアスイミングでもサイクリングでも、データの記録はお手の物。加えて、それぞれのアクティビティで GPS や画面の設定、データ表示方法などを別々に加えられる。

スポーツには「動き」が付き物で、必要なデータフィードバックや機能性が異なってもおかしくない。Suunto Ambit 3 Sport は、その要求にも応えてくれる。ランニングおける 1km ごとのペースや、サイクリングトレーニングでの最高心拍数など、Ambit 3 Sport は種目ごとに知りたいカスタムデータを提供する。

track laps and sports on suunto ambit 3 sports

 

マッピングとナビゲーション

ナビゲーション機器としても、Suunto Ambit 3 Sport はすごく重宝する。Movescount からダウンロードしたコースをたどったり、目的地への経路を教えてくれるほか、コンパスも内蔵されている。

ウォッチ本体には基本となる地図や GPX マッピングはインストールされていないものの、GPS による通過経路の把握が可能なのもうれしい。 この通過経路表示機能やコンパスがあれば、道に迷ってしまうこともないだろうし、目的地にもきちんと到着できるはずだ。”Best” 設定でなく、”Good” 設定でも GPS の情報は十分正確だ。GPS の正確性を高く設定すると、電池の減りが早いらしい。

compass on ambit 3 sports watch suunto

 

一歩先行くスポーツデータフィードバック

オンタイムのデータフィードバックや運動後のサマリーだけじゃなく、HRM 付き Suunto Ambit 3 Sport はリカバリー (回復) に関するデータも提供してくれる。

運動中の心拍数を計測できる Suunto Smart ハートレートベルトは、スイミングプールの中でも利用できる。 それに、運動後やリカバリーエクササイズ中に使用することで、身体がどれだけ疲れているか、エクササイズがどれだけ激しかったかなど、様々な情報を伝えてくれる機能も備えている。心拍数モニタリング機能は、トレーニングから最高の成果を得るために欠かせない。過度なエクササイズも通知してくれるので、レース前など大事な時期の過密トレーニングを避けることができるんだ。

また、Suunto は Movescount アプリの新しい機能を常に更新している。だから、Suunto Ambit 3 Sport を使って今では 睡眠の質だって判定できるんだ!

post workout analysis

 

まとめ  

僕と同じように来年、サイクリングやランニング、ウォーキング、オープンウォータースイミングなど、様々なスポーツを行う予定があるなら、Suunto Ambit 3 Sport は超お勧めだ。

単純にモチベーションを高めてくれる逸品だからね。 使用方法もシンプルなこのアイテムを一つ持っているだけで、ライドもランニングも、スイミングやトレッキングだって、あらゆるスポーツの成果の記録や分析がかなう。 記録したデータを他のアスリートと手軽にシェアできるし、心拍数などの分析にも使えるから、とてもありがたい。 スポーツをする人なら、誰でも満足できるんじゃないかな。

Wiggle の Suunto Ambit 3 Sport (HRM 付き) はこちら

suunto ambit 3 counter

投稿者について

Ryutaro Okazaki
Published on: 15 11月 2016