Gore Bike Wear Oxygen Windstopper Jacket

今年も気が付けば、もう冬だ。 スイッチで切り替わったように夜は急に寒くなり、暗さがぐっと増してきた。キラキラまぶしかった夏はどこに行っちゃったんだろう。

秋や冬にはバイクをしまいこんで、天気のいい日の続く春先まで、じっと室内にこもる、という人も多いと思う。 でも僕も含め、多くの Wiggle 社員は、冬でこそ味わえるライドを目一杯楽しんで、「あ、こんな楽しみ方もあったのか」 と新たな発見にワクワクするんだ。

天気がころころ変わり、時には過酷極めるコンディションも覚悟しなくてはならない秋先から冬ライド。身体を暖かく、ドライに保つことためにアイテムを効率的に併せ、重ね着にも気を使うことが重要要素となる。ウエアの選択にはファッションやライドのタイプにより、様々な方法があるのも確かだ。

ここで、Gore Bike Wear から一押しアイテムをご紹介したい。寒い冬を乗り越え、身体のいい状態で暖かい春を迎えるのに役立ってくれるはずだ。

 

Gore Bike Wear Oxygen Partial Thermo ビブタイツ

Gore Bike Wear Partial Thermo Bib Tights

Partial Thermo Oxygen ビブタイツは抜群の透湿性と通気性を備えている。 一番厚手のビブタイツと言うわけではないけど、6度~12度ぐらいの気温での利用をお勧めしたい。どれぐらいハードにライドするかにもよるけどね。 通常の冬の天気であれば間違いないだろう。

このビブタイツのお気に入りの点は、長めにとられた前面のパネルだ。風対策として素晴らしい。 それに重要な部位の縫い目をずらすことで、肌擦れを防ぐ工夫もされている。

シンプルな仕上がりながら、必要な機能性がすべて揃った逸品なんだ。 快適なシャモアはこれまでと同様。僕は、同じ Oxygen 2 パッドを採用し、上半身にはメッシュを備えたビブショーツを着て、今年の初めにヨーロッパツーリングの旅に出たんだ。 何日も長距離ライドを重ねたけど、シャモアとメッシュ素材のおかげで超快適に走れたよ。  

それに、タイツ部分の伸縮性がとにかく気に入った。 着たり脱いだりするのがとても手軽なんだ。特に冬にはたくさんのアイテムやウエアを重ね着することが多いから、ありがたいよね。

これまで試してきたビブタイツには、正直「やりすぎ」のものも多かった。 ファスナーはソックスやオーバーシューズを重ねて履くときに邪魔になることが多いし、多層性素材は汗などの湿気を溜めてしまって、肌擦れの原因になることもある。フラップとファスナーを必要以上につけないのはいいことだと思うよ。

Gore Bike Wear - Oxygen Partial Thermo ビブタイツ を、Wiggle でチェックしてみて欲しい。

 

 

Gore Bike Wear Oxygen Windstopper Softshell ジャケット

Gore Bike Wear Oxygen Windstopper Jacket

Gore きっての品質の高さを誇る Gore Bike Wear Oxygen Windstopper ソフトシェルジャケット。市場を牽引する独自の構成と選びぬかれた素材がかなえる逸品だ。

体幹中央のパネルは優れた防風性を発揮し、必要な箇所に Gore Bike Wear の真骨頂である Windstopper 素材が使用されている。 裏地はフリースなので、肌触りも素晴らしい。 ジャージの上に着ても高い保護性を維持できるように、袖を長めにとったフィットが自慢。また、襟が高めなので、首周りから風が入る込むこともない。

ハイビズタイプの Windstopper は冬にぴったりと言えるだろう。 他のロード利用者に混ざって行うライドでも、友達と一緒のグループライドでも、快適にサイクリングが楽しめるはずだ。

背面の中央ポケットにはファスナーの付いたポケットが追加されていて、貴重品を携帯するのに便利だ。 サイズも十分で、中央に安定するはずだ。 デザインのすべてが重心を中央に保つようにできているのもうれしい限り。 両脇のアウターポケットは薄手の作りだ。

冬用のアイテムは、激しい天気にさらされることが多い。 Gore のアイテムには選び抜かれた良質な生地が使われているので、過酷なライドと洗濯を繰り返しても、何年も着続けることができるだろう。

Gore Bike Wear - Oxygen Windstopper ジャケット を、Wiggle でチェックしてみて欲しい。

Gore Bike Wear Oxygen Windstopper Softshell Jacket

投稿者について

Ryutaro Okazaki
Published on: 30 12月 2016