Posted in Cycle

Wiggleが協賛しましたKFCトライアスロンクラブ主催の13回東京ヒルクライムNARIKIステージの様子をご紹介。

 

5月26日、第13回目となる上記大会を東京都青梅市成木地区で開催し、一人の落車もなく、成功裏に終えることができました。

 

 

参加者は230人ほどの小規模の大会ですが、前日から地元成木の人たち170人ほどが出て、バイクラックを設置したり、交通整理に当たったり、 コースである常盤林道を整備したりします。また、都道の成木街道部分(2車線部分)は地元の採石会社のご協力により、大会前日に自前の道路清掃車を使って、路面に砂粒一つないほどピカピカに整備をして下さいました。そのため、パンクやスリップの心配は全くありません。

また、当初から頭痛の種だった勝負所の常盤林道の路面に生えるコケも、開催日を夏場から梅雨前の5月に変更したことによって、解決し、路面コンディションがたいへん良くなりました。

 

この大会は成木市民センター前を流れる清流成木川に沿って、その源流である黒山山頂を目指すという距離10㎞のコース設定です。通常、清流の傍は涼しいものですが、昨日の大会日は真夏のような暑さで、さすがの成木川も涼を感じさせてくれませんでした。因みに、10時のスタート時には35度もありました。

 

優勝は加藤大貴選手(神奈川県)で、昨年の自身の優勝タイムを17秒も短縮して、22分57秒という過去最速タイムを叩き出されました。 23分切りはかつて誰も出したことのないタイムです。23分を切る選手が現れるとは想像すらしていませんでした。素晴らしい記録です。 また、女子優勝は初参加の程揺楓選手(埼玉県)の29分49秒でした。そして、加藤、程の両優勝者は3万円の賞金をゲットされました。最後に、高校生部門優勝は水島健大選手(東野高校)の27分23秒でした。

詳しい大会の様子はこちらの動画でもご覧いただけます。

 

 

 

KFCトライアスロンクラブ主催のサイクル・トライアスロン・トライルランの今後の詳しい開催予定はぜひ、こちらのサイトをご覧ください。

 

投稿者について

ユーザー sachiko の写真
Site editor for Wiggle Japan
Published on: 25 6月 2019